M's Beads blog

関西で活躍するビーズジュエリーデザイナーのブログ

カテゴリ: 作品Work

そごう西神店2階
11月14日(火)~20日(月)

2階婦人イベントスペース 

下りエスカレーター前 特設会場

にてお待ちしています。神戸周辺の方も是非
足を運んで下さい。三宮から地下鉄で30分
西神中央駅から直ぐの所にあります。


さぁ~~!いよいよ近づいて来ました。
なんせ初めての所はわくわく

昨夜は嵐、雷、雨、今日は強風でさむっ
昨日から今日と荷物発送準備
どうしても作りたいもを荷物に入れたいと意地になり
荷物送ったらホッとしたと同時に気が抜けて
眠たい、あの昨夜の凄い集中力はどのに行ったのか

これから又最後まで頑張りますが...
断捨離製作は続く、昔良く作っていたエスニック系、アジアンテイストな
作品。小さい作品が多いので時々ドデカい物頑張って作ります。
メタリックのビーズが山ほどあり、断捨離にあたり、
古い箱を開けて作って見た。中国エナメル(七宝)、インドの鈴、
後ろの丸玉はアフリカのセラミックビーズ、エナメルの間の4mmビーズはチェコ

中国エナメルと鈴


次はこれも英国とんぼ玉の旅(2008年8月11日、英国ビーズ情報)
に出てくるレスリーさんのとんぼ玉これ又山ほど買付けて「出し惜しみ箱」から
コバルトブルーが美しいとんぼ玉作ったら必ず売れる。

RIMG0289 (1170x1280)


いよいよ明後日搬入です。
最後の追い込み中

前出のブログのトップは引っ掛ける部分(バチカン?)のデリカで編むの
に4日位試行錯誤繰り返した結果、気に入らず切ってこのように
ネックレス部分も気に入らずも、時間切れ。
画像ではどうしても実際の色が出ない~!紺色に写る。色名も分からず。
コバルトブルーでもなければ、インディゴブルーでもない。
紫寄り、ベルベットとも違うヴァイオレットでもない。

パープルブルーってことに。実際のとんぼ玉はうっとりするほど美しいのだ
是非実物を27日~の京都髙島屋6階でご覧下さい。

とんぼ玉は2012年のツーソンビーズショウで作家本人と感激の対面
作品集第1冊目の表紙のとんぼ玉作家”Nancy Pilgrim"さん。
本の表紙になったこと喜んで頂き、プレゼントのとんぼ玉まで頂く

後2作はDM狙い、展示映えする作品


Purple Blue DM2 (959x1280)

P9190263 (843x1280)

Topaz RoseアップDM


Grapes Necklace (962x1280)

昨日の土曜日無事と言うか何とか終わりました。
いやはや、いつもながら準備に時間が掛かり過ぎる
最後の1週間はもう死に物狂いでやったのにもかかわらず、
作り方もキットも外が明るくなる頃に、ギリギリ出来た。
お年頃ゆえ徹夜無理になっているが、準備出来なければ
講習会は出来ないので、やるしかない。

しかし、ご参加頂いた生徒さんには申し訳ない
説明がしどろもどろに。
ただでさえ、分かりにくいと言う話術に輪を掛けて
頭が回らないので言葉が出ないと言う...

皆さん優しく、理解力のある方で助かった~
新しく参加した生徒さん素晴らしかった!
この赤い薔薇の作品、ブローチに仕上げてあった。
私の本で丸小を使って作った薔薇
私のはデリカで、丸小で仕上げた薔薇は
大きかった。驚いたことに、たった4日で完成させたと
あり得ない~~!
紫の薔薇の蕾も色合わせが
素晴らしかった。紫の薔薇の色合わせは難しく、
気に入った色合わせ出来なかったのに
彼女は文句なく良かった
生徒薔薇20170527
講習会20170527生徒作品


今日は孫のピアノのリサイタルで出かけてまだまだ疲れが残っている。
連日パソコン1日に8時間、9時間もやりながら、
心臓に悪い、寿命がちじむ~~と思いつつやった
十分長生きしてる 元気で長生き85歳までが目標が
80歳位になるかも...


京都髙島屋
2月1日(水)→7日(火)
最終日は午後5時までです。

髙島屋に新作並んでいますので、是非お立ち寄りください。

気分は花、やっぱり楽しい~
花の部分は楽しくスムーズにルンルンでいけました

ブルーのクリスマスローズは
本の編み図からもっと小さくして、なおかつ簡単に早く編めるように
アレンジ。ターコイズカラーのお花の色は気に入ってます。

フリンジの葉っぱに行き詰まり、苦労
娘のキラキラ感が足りないがヒントになり良い葉っぱが出来たかと。

e5b69064.jpg


ラベンダーの花、これも花の部分はペヨーテでスイスイ
ガラスパールが足りなくなる、フリンジのクリスタルが1つしかないなど、
ケチったが故の苦労が

44f281b6.jpg


ブルーと紫の花 (960x1280) (480x640)

↑このページのトップヘ