M's Beads blog

関西で活躍するビーズジュエリーデザイナーのブログ

カテゴリ: 作品Work

三田阪急5日目終わりました。珍しく出展中にアップ

娘の宝塚から電車で約15分程度と楽々通勤で近い。
一時的に我が家に帰ったら各停で1時間25分の乗車。
遠いなぁ~~

三田は昨日雪、電車が動くか心配したが、ひどくならず無事帰宅。
売り場は正面入口直ぐで、ほとんど外と同じくらいの
寒さ、
今のところ毛布グルグル巻き状態みたいに下着に腹巻、カイロ貼り付け
自衛していて、幸い膀胱炎にもならず、ただトイレが大変
もう玉ねぎの皮剥くみたいに?1枚、2枚、3枚、4枚、5枚と脱ぐのが
時間掛かる~‼

肝心の人出はお客様素通りで私のアクセサリーは目もくれず、
娘のリバティはまぁまぁ、冬の三田は寂しい反応、トホホ
後2日あるので、皆様お立ち寄りを
タイトルは語呂合わせ

直前に出来た桜のネックレスです。
20190120桜新ネックレス (927x1280)



迫って来ました。先程の投稿の作品は旧作です。
今日はDMの裏面新作の撮影してDM完成!郵便局まで走って

秋のせいか紫の気分 

ラベンダー色の2色のビーズでチューブラーヘリンボーン編み、
トップはアメリカの作家のとんぼ玉画像には写ってないが
ダイクロが美しい とても上品な仕上がりに
下の2点の左のは濃いパープル、これ又
実物はダイクロきらきら、うっとりの美しさ

Lavender Drop Necklace


20171107高槻松坂屋DM (1280x891)

シンプルにアメトリンの希少多面ラウンドカットの石のネックレス。
間は18金のミラーボールビーズ使用

Ametorin (1280x942)


これはお客様のご注文のフクロウのネックレス。チェコのシードビーズでネッティング。下の画像は端の留めるところです。

Owl Necklace


Owl Navy Blue (1280x853)



ずっとアトリエで眠っていた作品を久しぶりに日の目を見せて上げることに
松坂屋で陳列します。

2004年か2005年作 作品集Ⅰ掲載
「Over The Rainbow 希望に向かって」タペストリー

ハミングバードは相変わらず美しい

高槻松坂屋DM (812x1280)


Over the rainbow2005

先程の地震のブログアップして、続けて書きます。下も是非ご覧ください。

皆さま、ご披露します
写真が良くない。カメラも良い物でなく、
撮り方も納品前に大急ぎで撮ったので、取り敢えずです。
ピンクの色は実際の色はもう少し薄い。

如何でしょうか?感想、良い事、悪い点聞かせて頂けたら
嬉しいです。

何と注文から6年もお待ち頂きました。

3月末の花見で桜のピンクに触発されて俄然やる気が起こり、4月15日のブログに
あるように4月初めから薔薇の製作スタートから
他の作品も作りつつながら、4月はほとんど薔薇で5月は
中断しながら、6月入って猛ダッシュ7月20日に完成
地震で少しは中断したものの娘の家に避難した時も
何とかデリカを持って娘の家で
制作、7月に入った3週間は連日13時間、15時間と作り続けた、
アトリエの床も片付ける時間なく、居間のテーブルで制作を続けた
足掛け4ヶ月、正味3ヶ月弱の製作日数。

又後日詳しい製作内容の詳細を書きたいと思います。

20170720KYpinknecklace_half (1)


20180720KYpinknecklace_all (1)




すっかりご無沙汰してしまいました。
梅雨突入暑くなったり、涼しくなったり、
三田阪急先月終わって、体質改善のため運動に励み
元気満々だったのが、ここに来て風邪を移され、鼻水、微熱、
勿体ない貴重な1日寝込んでしまう
今日はリカバー、製作に戻ってます。

三田が終わり、注文のピンクの薔薇に没頭中。
4月15日のブログでは物凄くご満悦、自画自賛の色合わせで
うっとりしてたのが、な!なんと...

時間が経って見たら「なんじゃ!」とがっかり
これ以外の色合わせはあるかと
自信満々だったのが気に入らない、その画像が下。
色は全く実物通りに写ってない。赤紫に写ってるが、もっとピンク。
やり直した今は「これだね!良いやん!」状態で2重目も良い感じに
進んでいるのが、左横にチラッと写っている。

IMG_5320 (1102x1280)

さぁ~これ!何時どんでん返しがやって来るかも知れないが、願わくばこれで心変わりなく完成させたい、と言うか締め切りまでにこれ以外ないのだ。やっぱりピンクに写って無くて濃い赤紫にどうしても写っています。どうでしょう?感想聞かせて頂ければ嬉しいです。ブログ記事左下に「拍手」するところあり、良かったらポチっと押して下さいね。

IMG_5319


↑このページのトップヘ