M's Beads blog

関西で活躍するビーズジュエリーデザイナーのブログ

カテゴリ: 旅行

やっと落ち着いた今日この頃
まだまだ雑務、事務的仕事など山積みだけど、気持ちは
自由を味わってます。

去年の今頃はロンドンにいたんだ~懐かし~~
骨折の話ばかりでなく思い出のロンドン。
リバプールストリートから近いこのマーケット。2008年ほどクオリティの
高い作家は減っているが、何と栄えていた。毎日開催されるように
なっていた。屋根のあるマーケット。
2ヶ月の滞在中何度足を運んだか、主に木、金、土が狙い目。
木曜日はアンティークマーケット、金曜日はアート、
土曜日は食品、ファッション、手作り作品など出店ブースが多く賑わっている。

マーケット入口の常設ショップ。ネクタイの服が面白い
4389075b.jpg

子供服を見ると直ぐに孫に買いたくなる
c04ec5cb.jpg

日本では見かけないような帽子、髪飾り?
3b18f8d6.jpg

アンティークなボタンをこの中から物色
d451b9b6.jpg


595c4982.jpg

懐かしい!貿易会社で英文タイプたたいていたわ~18の乙女の頃から
5b64f666.jpg

ご無沙汰しています。徹夜の末、嵐のように自宅を飛び出した5月2日の早朝
ロンドンに同日2日無事着きました。着いた日も翌日も晴天のロンドン
これは着いた翌日に散歩したハイドパークです。

準備もまだ万全ではない中、晴天で5年ぶりのロンドンで籠って仕事。
そして5月8日にショー会場にNorthsamptonのDaventryのホテルに向かいました。

今回は驚くほど元気で時差ボケもなく写真

10日にコーラルスタイルと11日に薔薇の講習を無事終えました。
又10日夜のレクチャーも予想しない大人数の前でそれも何とか無事終えました。

詳しくは又報告したいと思います。
今ロンドン郊外の友人宅で過ごしています。この1年以上働き過ぎたので
久しぶりのロンドンで休暇を過ごしています
インターネット接続がないので、自由にプログを入れることが出来ないので
取り急ぎのご報告です。
ロンドンはもはや外国と言う気がせず、まさに第二の故郷で
自然体でいれる心地よい場所です。

ところが大阪ですでに寝苦しい家族には贅沢かもですが、毎日寒さに震え
とうとう風邪を引きましたが、昨日から少し気温も上がり風邪も大したことなし。

13日の夜にカリフォルニアから帰国しました。
8,9日のトランクショー(展示販売)と桜ネックレスの講習無事終わりました。
オレンジカウンティに向かう前に今回はサンフランシスコ経由でアメリカに到着しました。

11/27-30、初のサンフランシスコ束の間の休暇を楽しみました。

3d44ddb3.jpg


d65aa1d8.jpg


d90a2a3d.jpg


6011f58d.jpg


bf6948c2.jpg


6cafd1db.jpg

気が付けば、すでに11月に
京阪終了以来、1週間の休暇に
のんびりムードを引きずっていたら、
又締め切りとの戦いがあり、今日荷物を
送って久々のブログです。
あの暑かった9月も遥か彼方のことのようですが、
今さらながらの広島


愛のヴィクトリアン・ ジュエリー展
-華麗なる英国のライフスタイル-

広島県立美術館
福屋出展翌日9月30日に行って来ました。201009広島県立美術館
初日と言うのに空いていて、
たっぷり2時間魅了されました。
1点1点アンティックジュエリーのデザインを
食い入るように鑑賞出来ました。

ヴィクトリア時代のジュエリーの他に
ヴィクトリア女王が身に付けた結婚衣装や
その頃のアンテックレース、食器なども展示されて
いました。実に興味深い展示と出会い
ラッキーでした。
下の写真は美術館の中から見える縮景園の庭が
見えます。
100930県立美術館
その日は原爆ドームや平和祈念公園に行き、
記念碑にお参りをし、資料館も初めて見て
衝撃を受けました。映画やテレビを通しても
これほどの悲惨さと衝撃は伝わらなかった。
のほほんと生きて来た自分を反省

21f3385f.jpg

3日に出展が終わり、翌日市内からJRとバスで
約1時間の所にある、ガラスの里に行って来ました。
バスはどんどん田舎の景色の中を走る。
「オー!心わくわくするぞ」
田舎の中に突然お城のような建物が視界に。
なんで、こんな田舎に(何度も田舎、田舎
とすみません)最初はトーホーの工場とだったそう。
「なるほど
展示建物はトーホー記念館、ビーズ博物館、ガラス博物館
世界現代ガラス美術館。
他に工房も種々あり、子供や一般の人も体験
出来る。

展示内容は市内から1時間以上(乗り継ぎ時間も入れて)
もかけて、行く程の見応えは無かったものの、
行っただけの甲斐はあり、新作のヒントを頂いた。
特にビーズ博物館の展示作品は世界各国からの
作品が並び、民族衣装、装飾品に感動、感心
よく、これだけの細かい手作業を昔の人たちは
したものだ。ビーズで編んだメキシコウィチョール族の
ネックレス、インディアンの娘の形をしたイヤリング、
タイ王国スパン族のネッティングのロングネックレスなど
は大変刺激を頂いた。

広島では美味しいものを食べ、楽しく過ごした
せいか、元気満々で帰って、即新作に熱中して
過ごす毎日。ついついブログも疎かに。
その割には新作はガラスの里の作品のイメージとは
かけ離れているような~

又例により、出展スケジュールが入ってます。
9月1日から久しぶりの神戸新長田の長田大丸。
9月23日~広島福屋八丁堀本店、気に入って
又広島行きます

↑このページのトップヘ