M's Beads blog

関西で活躍するビーズジュエリーデザイナーのブログ

カテゴリ: ビーズについて

皆様今週から完全に普通の生活に戻ったでしょう
もっと早く戻った方も多いでしょう。

斉藤は本当にゆっくりしたお正月を過ごしました。
例年のオンラインの福袋やとんぼ玉セットの発送も無いし

ワーカーホリックの斉藤としては落ち着かない気も
しないでは無いが、のんびりエンジョイ

とは言う物の合間にせっせとアトリエのビーズの整理も
進めつつ。目標7割は進み、後もう少しで製作机に座れるまでに~

床に放置されていたボヘミアンビーズ。デパートでの販売用ボックス。
ビーダー人口縮小により、販売の使命を終えて元に戻すことに。
何と一杯在庫があることか、整理してると気分がDown
100歳まで作ってもあるで~~、どうするんや?この在庫とか

いつか時間が出来たら又在庫一掃セールやビーズショウにでも
出て放出する以外にない。
まぁ材料としては売れなくなったが、アクセにすれば売れる
気を取り直してせっせと種類ごとに整理して、整理前と整理後、
ボヘミアンのボックスだけでもここに写ってるだけでは無い。
ビーズ整理前 (938x1280)

整理が何とか終わったところ
ビーズ整理後 (1280x958)


40e550ad.jpgこんにちは、オンラインショップ担当の千春です。

先日、「オニキスのネッティングブレスレット」の発売に合わせて、作り方(解説書)を見直そう、ということになりました。

イラストレーターというソフトを使って作り方の図を描くのですが、母の手書きの図を元にしていても、やはり細かいところがわからないのです。

「ん?この糸はどこから来たの?どこに出るの?」
「ん??いきなりここから針が出てきたけど・・・どうしてどうして?」

という具合に、やはりお客様にもわかって頂きやすい図を描くには、自分自身も作ってみないことには図を描くにも描けない!
と思いまして、かたくなにビーズ制作はしなかった私が、先日オフルーム(ビーズステッチ)を初体験致しました。

John Jamesの針13号に針を二本取りで・・・というところから始まるのですが、何せ普段裁縫すら全くしない私。
「おかあさーん!仮止めってこのへんでいいの?ビーズは糸端の方まで持ってくるの?」と、はじめはわからないことだらけ。

それでも、最初に編み方がわかってしまえば、後は同じ作業の繰り返し。
段々コツがつかめて楽しくなってきました。
「あれ?私って案外器用かも?」なんて気をよくしながらスイスイと楽しく編めました。

ポイントは、しっかりと引っ張りながら、ビーズの隙間ができないように作ることと心得ました!

このように、初心者の私が挑戦して、初心者の視点から「作り方解説書」を作成しました!
わかりやすい図に仕上がったと思います♪

というわけで、皆様も、この機会に是非、オフルーム(ビーズステッチ)に挑戦してみて下さい♪
とても奥が深い世界です。私も片足を踏み込みました☆

オニキスのネッティングブレスレット(黒)
ゴールドサンドストーンのネッティングブレスレット(茶系)

↑このページのトップヘ