M's Beads blog

関西で活躍するビーズジュエリーデザイナーのブログ

カテゴリ: 英国ビーズ情報

Great British Bead Showの会場はロンドンから汽車で北へ約1時間少々の
ノースサンプトンのダベントリーと言う場所にあるホテルで行われました。
会議室が沢山あるホテルの会場にアイルランド、イギリス各地から参加者が集まり、
そのホテルの中で宿泊しながら、ビーズ漬けの4日間を過ごすのです。
4日間のワークショップは28クラス(2日コース含め)

私の第1日目の講習は
5月10日のコーラルスタイル
第2日目が薔薇

下の駅はホテルの最寄り駅Long Bucklyと言う駅に着いたところ
a858d853.jpg

16名の参加者 ビーズ歴長い人が多かった。イギリスのビーダーさんは何とフレンドリーで真面目に
一生懸命聞いてくれることか。16名一人は不安だったが、理解力が良い人が大半で楽だった。
01e374f2.jpg


cfde29e4.jpg


33f4e1bd.jpg

516022df.jpg
日にちの経つのが何と早いことか
イギリスの買い付け旅行の種は尽きないが、
時間に限りあり2週間実に走り回った。
結局仕入とアクセサリーを見て回るのが
精一杯で大好きなハイドパークも行けず、
アフターヌーンティにもありつけず
しかし、マーケットはいっぱい回った。
ポートベロー、カムンデンパッセージ、スピタルフィールド
には2回づつ、バーモンジィにその他名前も覚えていない所にも
ビーズショップにロンドンビーズカンパニィ。

素敵なアクセサリーのお店の情報があれば、走り
いつも行く私のお気に入りのギャラリー
ロンドン市内のボンドストリート駅2分の「Electrum Gallery」
こちらは小さなギャラリーイギリスの作家のみならず、
海外の作家のセンスのよい素敵なデザインのアクセサリーに
出会える。ビーズの作品も少しある。刺激をもらえる。

3泊4日のStourbridgeのとんぼ玉の旅、こちらの報告は
雑誌「Lammag」でいずれは詳しくレポートを書くので
そちらで是非見て下さい。
8462d766.jpg

旅のとどめに偶然出会った「IJL2008」アールスコート駅の近くに
あるエキシビジョンホールで行われていた
8月31日~9月3日結局3日間も
入り浸ってしまった国際宝飾展ロンドン版
膨大な数の出展、2回にはデザイナーズコーナーもあり
オフルームの作品を出しているナターシャの作品にも出会う。
梅田阪急ではすでに彼女の作品をご覧いただいた方もあるでしょう。
とにかく、いっぱい見て、買った

英国展準備がかなり厳しい、説明は詳しくしたいところ
残念ながら、簡単にてお許し下さい。
イギリス到着後8月23日午前中はNotting Hill
のポートベローアンティックマーケットをまず下見程度に
軽く歩き、午後は最大の目的地Stuourbridgeに向かう。
ロンドンからだと汽車で約4時間夕方に到着。
翌日朝からスタート下がThe Glass Fairの会場と
                     受付から見た会場内
37e926c5.jpg


87be7c16.jpg

会場はジム、体育館の中で行われ、なんだか薄暗い
中の風景は受付から撮影ブースはもっと左右にいっぱい。
ガラスアート、オブジェ、ステンド、食器、アンティック等々
ガラス全般 その中のこの作家色が素敵、ネックレスもあり
思わず4本も買った。全てワインのボトルやリサイクルガラスで
制作しているとのこと。
1d3ea444.jpg

その後とんぼ玉を出品しているビーズフェアの会場に
歩いてすぐ5分、とんでもなかった私のこの
短い足では、30分は軽くかかった。会場の移動はシャトルバスが
あることが翌日わかるが、会場間が広い、時間がない
次のThe Bead Fair の会場は運河沿いにある、走り歩き

大阪の暑さも連日35度とか、同じ気温でも
横浜に行く前に較べたら、増しのような。
とか言うかもう心はイギリスのことばかり
暑さも全く気にならない。
横浜の残務処理に忙しい中、旅行の情報集め。

イギリスのとんぼ玉の作家のサイトがあった。
British Lampwork

そしたらこんなのを見つけた
International Festival of Glass, Stourbridge UK
ヘェー( -д-)ノイギリスでもとんぼ玉が盛んなんだ?
ロンドンから北西のWest MidlandsのStourbridgeと言う
歴史的な街(ガラスの里みたいな)で大々的な
ガラスのイベントがある。なんと私の滞在中だ
俄然調べるのに忙しくなった。ビーズフェアーやとんぼ玉の
バザーもありそうだ(ワクワク)
ホテルはどこがいいんだ?
1泊ではもったいない、イベントは22日~25日まである。
最低2泊。土曜日から行きたいが、ロンドンの
アンティックマーケットもある。
講習も受けたいが、時間があるか?
たった2週間では、超忙しい旅になりそうだ。
ロンドンの気温を調べたら昨日なんか最高気温が18度?
大阪の最低気温28度より10度も低いぞ

いつもなら先送りしたがる出展の後の宿題、注文も
どんどん片付けている。

e0da3a0a.gifいよいよロンドンのアンティックマーケット
の佳境です。私の最も大好きなマーケット
カムンデンパッセージ。とっても静かで
落ち着いていてゆっくり見れます。
週2回水曜日と土曜日に開催。
ここは地下鉄エンジェル駅の改札を出て直ぐ右に
曲がるとマーケットのスタート。
まずモールのアーケードの建物に入ると左右に約10何軒かの
ショップがあり、一番奥の右奥に地下に下りる階段が
あり、そこにもショップが並んでいます。モールの
建物を出て、パッセージからカムンデンパーッセージ
へと続いて歩いて行きます。
camden passage 1

この写真のように外にも出店が出ています。
朝の弱い私は早朝に行けなかったので、
もう1時ごろになると出店はどんどん
店じまいします。
私はいつもこのマーケットでたくさんの
アンテックジュエリーを買います、今回も
ごっそり買いました。素人のような(じゃないかも)
人もたくさん出していて、ポートベローマーケット
よりお安く手に入るものもあります。
又、アンティックショップだけでなく通常営業する
おしゃれなインテリア雑貨やアクセサリーの店もあり、
楽しいですよ。

カムデンパッセージのホームページ

↑このページのトップヘ