M's Beads blog

関西で活躍するビーズジュエリーデザイナーのブログ

カテゴリ: 作品

昨日のブログで話していた気軽るで気分が楽しくなる
ビーズが一杯、尚且つごちゃごちゃの制作テーブルの
上がこんな感じ

レモン🍋とてんとう虫🐞とウサギ🐇は完成して
横に並んでます。魚3匹と亀もネックレスに
なってぶら下げってます。

画像悪いです。今日は趣味のエアロビの日で出かけたのと
雑用色々で制作テーブルに座れず。
ほとんどパソコン机に座ってばかり。

この中でどれだけ形になるかお楽しみに


楽しいビーズ

今晩わ!

元気で制作に励んでます。
松坂屋が近づき焦る毎日。家事以外は全エネルギーを
制作に励んでいます。

ところがハプニング発生
メインのパソコン壊れた

ノート型パソコンは上手く動かず、画像取込み編集に
苦労している。

前出の白いネッティングチョーカーは完成しました
まぁまぁの出来、でも白い作品の撮影が難しい
良く撮れてないけど、お見せしますね。

白のスワロ3、4㎜パールを乗せています。
後ろのボタンはこれになりました。
元々このボタンがあれば、あれこれ迷わなかった。
妥協でこの色違い、前出の金の縁取りのボタン、
金が気に入らないが、仕方ないかと諦めたら
陰の方にこのボタンが有った

ボタン付けとボタンホール、最後にもう補強の
ためもう1周するのに4日もかかり、首肩ガチガチ
なり、胃の調子まで悪くなり、出来上がったら疲れが一気に
出てしまったのでした。

4,5日の制作予定が結局11日も掛かってしまった。

ボタンがこれでめでたしめでたし。

前のブログの続きは他の日に

只今、製作意欲に溢れて日々没頭しています。
一つの作品に集中出来ず、浮気しながら、
あれこれ同時進行中。どれも物にならないか
なるか、ご期待下さい。

高槻松坂屋に向けて、早く簡単に仕上がる、試行錯誤しない
を目標が、やっぱり試行錯誤。
ネッティング白の作品、最後の後ろの留め具ボタン選びに迷う。
簡単引掛け編むつもりが、意思に反した物に
なっている。自分で「何考えてるん?全然ネッティングと
合わないやん!」と自問自答しながらも、どんどん違う方に
行く

何故白の作品が多いかと言うと季節に関係なく人気がある。
材料が揃っていると言う単純な理由。

本当はもっと違う色、オレンジとか花や複雑な作品が
作りたいが、時間がないと材料が揃う、人気ある作品になる。

昨日のボタン選び、さてどのボタンに決まるか

20200908ネッティング (1280x861)

IMG_3787 (1280x991)




ブログに拍手👏頂き有難うございます!

励みになります。

長引く梅雨にコロナ感染者の全国的増加と
不安の種が尽きない今日この頃。

前回のブログはビーズの先行きの不安を綴り
気分落ち込む内容

が、今は立ち直り、毎日取り付かれたように製作に
励む毎日。 
意欲満々~~やる気みなぎっている。

前にも書いたように、在庫が山、小物作り始めたら、
エッ~~~、こんなのもあったかいな、あんなのも
あったんかいな

これはうかうかしていられない、急げ、急げ
焦る、老い先短い。(笑) ホンマ、ホンマ。
そんな訳でマスクチャーム⇒イヤリング⇒
需要少なくなったが、ストラップの紐も沢山ある。
時々ストラップ⇒初のバッグチャーム

今はバッグチャーム、イギリスで仕入れていた、
SVチャーム類。
Tピン、9ピン、丸管の同じ種類を分けて入れた
ケースがなんぼもある。
デパートでビーズ、パーツ販売していた頃、
アトリエ別にしていた頃、自宅で作る用。

それを一つにまとめながら、整理しながら作っている。
チェーン類も一杯太い目のチェーンもある。

チェーンにジャラジャラ付けて、訳わからなくなっている。
こだわり持つ作家の友達には、誰でも作るような物は
作るなと再々アドバイス貰っている。
が、愛するビーズ達に日の目を見せてやりたい。

と言う訳で今製作中のバッグチャームの一部。
意外に時間がかかるため、沢山は創れない。







何と日が経つのか早いのか!
でも今月はゆっくりモードで中々いい感じで
長くも感じます。

身体も凄く元気で、運動と製作で去年の
働き過ぎからゆとりのあるペースで
行きます。

それでも1月も早や終わり、2月です。
冬眠していた訳ではなく、断捨離製作で
眠っていたとんぼ玉を日の当たる場所に出してやりたいと
又気持ちにゆとりある時にちょっと違うことしてみたい。

マクラメ編み始めています。ただ複雑な編み方には
挑戦せず、とんぼ玉利用が目的で基礎の基礎。

マクラメ編み (1280x960)


平編みがほとんど、簡単とは言え時間はかかる

問題は
① 穴が大きなビーズが少ない。
② とんぼ玉と合う糸が中々ない。
③ 一旦手をとめて、再開すると糸の引きが違って
  ゆるくなったり、きつくなる。これが最大のコツかも知れない。
  均一に編むのが。


それと何故か直ぐに飽きてくる。それで3つ同時進行です。
赤は完成。

はっきり言って慣れた糸と針の方が早く出来る
ただ、それを言ったら目先の変わったものは出来ないから
忍耐強く勧めています。

図書館でとても参考になる本を見つけました。

結び大百科 新装版 (Boutique books) 
結び大百科


イギリスで講習すると準備に時間取られ、去年は
これはと言う新作は出来ていず、マクラメととんぼ玉の
きりが付いたら、そろそろお花が作りたくなったいます。
期待に応えられるような新作が出来たらと意欲は満々です。



↑このページのトップヘ