皆さん、如何お過ごしですか?

又コロナの感染者数が増えています。
解除から普通の日常を楽しめるようになったと
思ったら、大阪も増えて来た。

タイトルのアメリカの「ビーズ&ボタンショー」が
永久にキャンセル、つまりコロナの影響で今年だけでなく、
ショーそのものが終末をむかえることになりました。
そこが出していた「ビーズ&ボタンマガジン」も今年の10月号を
持って出版を終えるとのニュースを知りました。

寂しい~~~
世界中からビーズを愛する人達が集まる祭典。
世界のビーズの一大イベントであるショーが無くなってしまいます。

私もいつか、いつかビーダーとして、講師として参加して
見たいと思いつつ夢果たせず。

又7月1日の京都伊勢丹の初日の夜帰ったら
ビーズファクトリー大阪からFax、注文していないのに
嫌な予感が、嫌な予感は当り、閉店のお知らせでした。
8月31日を持って閉店だそうです。
広くて明るい店内、デリカビーズ、シードビーズの豊富な
品揃えに沢山の資材やビーズで見やすくて選びやすかった。
より専門的にビーズをする人達には関西で貴重な
お店でした。このお店が終わったら大阪のビーズの時代の
終わりだなっと言う思いがチラついたことも。

いよいよ来たか
一つの時代が終わる。
と言う寂しいお知らせでした。

そして同じ日に長年のお付き合いのあるお得意様からも
お葉書、沢山材料があり今回は来れないとの連絡でした。
う~ん!確かに分かる、寂しい
もうお会い出来ないのかな?
私ももうかつてのようには仕入れなくなった。
物凄い在庫、必要な物以外は仕入れない守りに
入っている。

7月に入り、寂しい、悲しいニュース。

でも斉藤はめげない、まだまだ前を向いて
進みます!ビーズのある限り、作り続ける
皆さんも細く、長く続けましょう