イギリス便りをもっと送りたかったのに、イギリスでの1ヶ月は超忙しく
北へ南にと移動している間に、とうとう帰国の日がやって来ました。
まだまだ帰りたくなかった名残惜しいイギリス。
29日水曜日の夜ヒースローを発ち、30日に羽田経由で大阪に
帰宅。

昨日と今日で帰って2日経ったものの例によって
キツイ時差ボケに襲われている上、この猛暑
何だと37℃と気が狂った暑さの中に帰ったのかと
後悔、その上、な、なんと1階のエアコンがぶっ潰れた
こんな歓迎あるかよ

画像はヒースロー空港ターミナル2、新しく明るいイメージ、お洒落なカフェなど。
入国はアッと言う間に簡単に終わり、必死で買い残した土産を探し
ほぼ定刻に離陸
行きも徹夜で疲れたが、帰りも思い切り疲れて席に着き、
でも行き程ではなく今度は映画でも見れるかと思いきや
ほとんど寝いたようで、気が付いたら機内が明るくなっていて
慌てた!羽田に着いて飛行機から1歩出て途端に「暑い!」
と叫んでしまった!「何だこりゃ?」
まるで過去のロンドンからトランジットの砂漠の国ドーハ―に降り立ったような
衝撃的暑さ(40度以上に較べれば少々大げさ
暑い!発つ前の1週間のロンドンは寒さに震えたのでこの暑さは応える
最低気温10度、最高気温16度~行き成り36度や37℃には適応不能

愚だ愚だ言っているものの3ヵ所での講習は何とか無事終えて帰れて
本当にやれやれ良かった落ち着いたら順次レポートをしていきます。
お楽しみに
61a503ad.jpg


55e2f64d.jpg


5a93aa9a.jpg