M's Beads blog

関西で活躍するビーズジュエリーデザイナーのブログ

コロナの夏も後1日で8月が終わる。
皆様酷暑ですが、お元気ですか?
斉藤は暑さにも負けず、コロナにも負けず
先週水曜日までは元気満々でした

それが26日午後に仕入れや自分の買物に本町辺りを
炎天下にうろうろしたら、暑さに負けたのか
その夜から滅多にならない頭痛に肩首凝りに
頭痛とは過去10年の間に何回なった?て位
で、直ぐにコロナかいな?と疑心暗鬼になる。

堺筋の日本チューコーから難波神社の先にある
ビーズファクトリー大阪往復、
その他アチコチの店を出たり入ったりと移動!
暑いの何のって
回っている時はまだまだ回れる気だった。
荷物も長時間持ち続けると肩が凝る。
コロナで余分の荷物が増えて出る時から重たい。

その日のスマホに歩いた歩数が約12,000歩、
上がった階段の数13階。出かけたら運動のため
階段しか利用しないようにしている。
足腰強化で階段探して上がる。我ながら元気と思ったが

そんなこんなで、元気満々から調子下り坂
でも土曜日も暑い、暑い37度の中ウロウロ
今日は回復ですよ

話は変わり、今年は出展が激減しています。
コロナでキャンセルになったり、
去年まで出ていたイベントスペースが改装などで
無くなったり。

地元の高槻松坂屋の1階のスペースも無くなり
ガックリ、でも久々にお話しがあり、

お知らせ①
高槻松坂屋今年初の出展決まり
ラッキー!ハッピー!
9月30日~10月6日 2階中央イベントスペース

お知らせ②
来年の話です。
難波髙島屋7階エスカレーター横
2021年1月6日~12日

初出展です!大阪も本当に久しぶりで
今からワクワク

頑張るので皆様是非お越し下さい!

忙しくなる~~
身体も鍛えつつ製作頑張ります



いつまでも明けない梅雨と湿気。
コロナの感染者数がどんどん増える

家で籠ってるのが良いかも知れない、
情報番組は見ず、セッセッと製作に
集中するのが良いですよ~~

コロナのせいで世界中経済の破綻をきたし、
ビーズの世界の最高峰と思うアメリカのBeads & Buttons Showも
無くなって貴重な文化の一つが消えました。

暗い気持ちになっているところに私が会員になっている
イギリスのBWGから会報が届いた。今回のは内容が特に良く、
編集者や役員の方々の熱意と努力が溢れる内容です。
まだまだビーズにこれだけの情熱を注いでいる国があると
思うと希望に溢れて明るい気持ちになった

IMG_3584


皺だらけの見苦し顔を見せます。(笑) ご機嫌
IMG_3523


オフルームの作り方だけでなく、ビーズ刺繍、ジュエリーの展示の
情報、ジュエリーの画像が美しい。

IMG_3585


作り方も詳しい図解で分りやすいです。

オンラインのワークショップもあり。

IMG_3587


イギリス国内には2つのビーズの大きな組織が2つあり、
その内のThe Beadworkers Guildはイギリス国内で最大の
組織です。以前にもご紹介しましたね。

興味のある方、会員になりたい方は是非上のリンクから
飛んで下さい。申し込みは 下の方の「JOIN」をクリックするか、

ペイパルアカウントお持ちの方は一番下の行をクリックして下さい。

今は申し込み簡単になって日本語で出来ると思います。


ブログに拍手👏頂き有難うございます!

励みになります。

長引く梅雨にコロナ感染者の全国的増加と
不安の種が尽きない今日この頃。

前回のブログはビーズの先行きの不安を綴り
気分落ち込む内容

が、今は立ち直り、毎日取り付かれたように製作に
励む毎日。 
意欲満々~~やる気みなぎっている。

前にも書いたように、在庫が山、小物作り始めたら、
エッ~~~、こんなのもあったかいな、あんなのも
あったんかいな

これはうかうかしていられない、急げ、急げ
焦る、老い先短い。(笑) ホンマ、ホンマ。
そんな訳でマスクチャーム⇒イヤリング⇒
需要少なくなったが、ストラップの紐も沢山ある。
時々ストラップ⇒初のバッグチャーム

今はバッグチャーム、イギリスで仕入れていた、
SVチャーム類。
Tピン、9ピン、丸管の同じ種類を分けて入れた
ケースがなんぼもある。
デパートでビーズ、パーツ販売していた頃、
アトリエ別にしていた頃、自宅で作る用。

それを一つにまとめながら、整理しながら作っている。
チェーン類も一杯太い目のチェーンもある。

チェーンにジャラジャラ付けて、訳わからなくなっている。
こだわり持つ作家の友達には、誰でも作るような物は
作るなと再々アドバイス貰っている。
が、愛するビーズ達に日の目を見せてやりたい。

と言う訳で今製作中のバッグチャームの一部。
意外に時間がかかるため、沢山は創れない。







↑このページのトップヘ